どんな保険商品が出てきてもひっくり返せる話法がある

Pocket

今、あなたが入っている保険が

本当にいい保険なのか知りたくないですか?

 

保険は次から次に新しい商品が出てきます。

その度に、自分が入ってる保険と新しい保険を比べてませんか?

 

今の保険と新しい保険どっちがいいのか迷ったら

保険屋さんに相談しますよね。

 

その時あなたは保険屋さんになんて言いますか?

「今、入ってる保険っていいですか?」

「A保険会社の保険とB保険会社どっちがいい?」

 

そんな感じで聞きませんか?

私も保険屋さんだった頃はそういったことをよく聞かれました。

 

そう聞かれるたびに私は心の中で

「よっしゃー自分が売れる保険が売れる!」

と喜んでいました。

 

なんで喜ぶかって?

だって、どんな保険商品が出てきても私にはイヤ…

保険屋さんにはすべてを否定して、

自分が勧める商品が良いように話をすることができるのです。

 

「A保険会社の商品が気になってるんだけどこれっていい商品?」

そう言われたなら必ずデメリットを言いまくります!!

 

「あ~この商品は保障内容の割に保険料が高いんですよね」

「女性特約の対象が少ないんですよ」

「給付金が少ないんですよ」

「保険会社の対応が悪い」

「支払いするまでに時間がかかる」

 

などなど…とにかく何でもデメリットにして

あまりいい商品ではないことをアピールする。

 

それから、この商品だったらさっきのデメリットは

ないからいい商品ですよ~なんて言って自分が売りたい商品を勧める

 

とにかく、今、入ってる商品のデメリットをあるだけ言う。

言うだけ言って、そのデメリットをなくすための商品がコチラ!!

と言って新しい保険に入ってもら作戦なんです。

 

当たり前ですが、どんな商品にもメリット、デメリットはあります。

完璧な商品なんてありません。

 

私も保険屋さんの時は対抗する保険会社の商品の

デメリットを探させられ、それをどうやってお客さんに伝えるのか?

そう言った勉強会をさせられました。

 

さらには、このデメリットをどう言ったら

いい商品になるのか?徹底的に練習をさせられました。

 

売りたくもない商品を、

保険会社の命令で売らないといけない時があったんです。

 

対していい商品ではないのに、

「今日から3か月間はここの保険会社の商品しか売らないように」

そう言われて「この商品を売るための勉強会」を強制的にやらさせました。

 

そのお陰で(??)どんな商品が出てきても

とりあえずデメリットを伝えることができるのです。

 

私に限らず、多くの保険屋さんはこれができるはずです。

7年~8年前に入った保険は確かに今の保険に比べて

デメリットは多くありますが、

 

2,3年ぐらいの入った商品と今の商品を比べても

そんなに差はないですからね。

 

相談するなら保険屋さんに相談するよりは

独立系のファイナンシャルプランナーに

相談したほうが安心ですね。

 

ま~個人的には保険なんてそんなに

必要もないからいらないとは思うんですけどね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です