こんなファイナンシャルプランナーは要注意!

Pocket

家計見直し、保険見直し

住宅購入、住宅ローン

資産運用、資産形成

 

 

こう言った、お金のことを

相談しようと思ったとき

あなたは誰に相談しますか?

 

 

親?友達?

家を買った人?

運用している人?

 

 

パッと思いつくのは

ファイナンシャルプランナー

ではないでしょうか?

 

 

実際にお金の相談と言えば

多くの人はファイナンシャルプランナー

そう答えます。

 

 

保険見直しを考えれば

中立的な立場で考えてくれる

ファイナンシャルプランナー

 

 

住宅購入を考えれば

住宅ローンや購入金額を教えてくれる

ファイナンシャルプランナー

 

 

資産運用、資産形成を考えれば

お金や投資に詳しい

ファイナンシャルプランナー

 

 

今はお金の相談と言えば

ファイナンシャルプランナー

と、多くの人は言います。

 

 

私もファイナンシャルプランナーなので

多くのお金の相談や、運用の相談を受けます。

 

 

お金の相談=ファイナンシャルプランナー

決して間違ってはいないのですが…

間違ってることもあります。

 

 

ファイナンシャルプランナーが

中立的な立場で相談に乗ってくれるか!

と言えば答えは「NO]です。

 

 

実際に中立的な立場で相談に乗る

独立しているファイナンシャルプランナー

これは「OK」としましょう。

 

 

どこの会社にも所属しておらず

個人で独立している

ファイナンシャルプランナーです。

 

 

しかし、

ファイナンシャルプランナーと

名乗ってお金の相談をしている

多くの人は!

 

 

販売系の

ファイナンシャルプランナーが

ひじょ~~~に多い!!

 

 

販売系の

ファイナンシャルプランナーとは

保険屋さんであったり

証券会社の人間などです。

 

 

その中でも保険屋さんが

ひじょ~~~~~に多い!!

 

 

保険を売ることを目的として

ファイナンシャルプランナーと

名乗っているのです。

 

 

よくあるパターンが

「無料で相談に乗ります」

このパターンが多い!!

 

 

住宅購入でお金のことで

悩んでいたら住宅営業マンから

 

 

「ファイナンシャルプランナー紹介するので

一度、購入金額などの相談したらどうですか?」

 

 

こんなことを言われほとんどの人が

ファイナンシャルプランナーを紹介され

住宅ローンやお金の相談をする。

 

 

ここで紹介される

ファイナンシャルプランナーは

ほとんどが、〇〇〇保険会社の人間だ!!

 

 

しかし、紹介されたときは

「ファイナンシャルプランナーの○○です」

と自己紹介し決して保険会社とは言わない。

 

 

そこで、

実際に住宅ローンや購入金額など

お金に関する相談をするのだが

必ずと言っていいほど出てくるツールが

 

 

「ライフシュミレーション」

もしくは

「キャッシュフロー表」だ!!

 

 

「ライフシュミレーション」や

「キャッシュフロー」とは

簡単に言うと

 

 

将来のお金の流れや貯蓄額を

表で見ることができる。

 

 

「今のままで貯金すれば将来

60歳までに○○○〇万円貯まります」

 

 

「このまま貯蓄すれば

〇〇〇〇万円の家まで変えます」

 

 

「住宅ローンは月〇〇万円まで

に抑えましょう」

 

 

こう言ったことがわかるのです。

 

 

「えっそれなら便利じゃん」

「将来がわかるし安心じゃん」

「買える金額もわかるからいいじゃん」

 

 

おそらく、

こう言った声も聞こえてきます。

 

 

確かに、こう言ったことが分れば

安心して住宅も買えますし、

将来も安心できますよね。

 

 

しかし、このツール実際には

非現実なことが多く含まれている。

 

 

なぜなら!

保険を売るためのツールだからだ!!

 

 

特に、保険会社から提供された

ツールは非現実なことが多く含み。

 

 

なぜなら!

保険を売るためのツールだからだ!

 

 

私は実際に保険を販売する

ファイナンシャルプランナーとして

ハウスメーカーに行って相談に乗っていた。

 

 

だから、その手口や話法が分る!!

 

 

しかも、実はハウスメーカーと…

おっと!この話はあまりにも

危険すぎるからここでは言えない…

 

 

ほんの一例を紹介しよう!

 

 

住宅購入を考えている相談者に

まず、希望の購入価格を聞く!

「いくらの家が欲しいですか?」

 

 

そうすると、相談者は

「住宅営業の人から○○○○万円の

家を紹介されている」

「実際にこの金額の家を買って、将来

お金に困りませんか?」

 

 

すかさず私は

 

 

「じゃ一度キャッシュフローを作ってみましょう」

こう言って、相談者の家族状況や

収入などの情報を聞き

キャッシュフロー表を作り上げる。

 

 

出来上がったキャッシュフロー表を

見せながら私はこう言う。

 

 

「今の状況で○○○○万円の家を買うと

○○歳の時に貯金がなくなり、

○○歳で赤字になります」

 

 

「今の状況だと、○○○○万円の

家をあきらめで金額を下げた○○○○万円の

家にしないと厳しいですね」

 

 

そう言うと大体の人が

「○○○○万円の家を買うには

どうしたらいいですか?」

という。

 

 

そこで私は言う

「○○○○万円の家を買うには

今の支出を減らす必要があります」

 

 

「今減らせる支出は保険です。

毎月こんなに払っているから

赤字になるのです」

 

 

こう言って保険を見直させる。

さらに、ここから矛盾するアドバイスをする。

 

 

「保険を見直ししても将来の貯蓄が

少ない。だから貯蓄性のある保険に入りましょう」

 

 

「保険を見直して、貯蓄性のある保険に

入ったらどうなるかキャッシュフロー表を

みてください」

 

 

こう言って保険を見直し、

貯蓄性の保険に入ったときの

キャッシュフロー表を見せる。

 

 

すると、さっきまで赤字だった

キャッシュフロー表がなんと!

赤字ではなく、貯金ができているのです。

 

 

「こうすれば希望の金額の家も買え

将来もお金が貯まっています」

 

 

こう言えば、大体の人は

希望の家を買える。

 

 

そして、保険も見直し

保険にも入ってくれる。

 

 

こう言った具合にこちらの都合で

キャッシュフロー表なんて簡単に

操作できてしまうのだ。

 

 

特に保険会社から提供されている

キャッシュフロー表はなおさらだ!!

 

 

もし、

今後、住宅購入や住宅ローン

保険相談やお金の相談で

ファイナンシャルプランナーが出てきたら

 

 

「独立系のファイナンシャルプランナーですか」

「保険や投資信託を販売してないですか?」

と聞くようにしてください。

 

 

だたし、嘘をついて相談をする

ファイナンシャルプランナーもいます。

 

 

実際には同じ保険会社の人間なのですが

一人がファイナンシャルプランナー役

もう一人が保険屋さん役として相談に来ます。

 

 

相談料は無料ですが

保険契約になったら手数料を折半します。

 

 

そうなるとどうしても保険を

売れるようにアドバイスしますよね。

 

 

本当に金融機関って怖い!!

 

 

今後、住宅ローンの相談

保険の見直し、お金の相談をする場合

「無料で相談会」にはいかないように!!

 

 

「無料で相談会」は

保険屋さんがほとんどです

アドバイスも保険のことしかできません。

 

 

本当に相談したい場合は

商品を一切売っていない

 

 

ファイナンシャルプランナーに

相談料を払って相談に乗ってもらう方が

いいでしょう。

 

 

相談料を払いますが

本当に中立的な立場で

アドバイスしてくれるので

 

 

結果的に割安になることが

多いです。

 

 

保険を売ることが目的の

ファイナンシャルプランナーには

十分注意してください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です