「払った保険料が戻ってくるからお得でしょ」?そんなことはない!

Pocket

一般的に医療保険と言ったら掛け捨てタイプの

医療保険が多い。

 

 

そんな中、「掛け捨てでなく払った保険料が戻ってくる」

なんて言う医療保険も出ています。

 

 

「ある一定の年齢になるとそれまで支払った保険料が戻ってくる」

 

 

こう聞くと何とも素晴らしい医療保険じゃん!!

って勘違いされる方も多くいます。

 

 

「使わなかった保険料が全額戻ってくるんです」

「戻ってきたお金を老後や子どものために使いませんか」

「他社にはない、他社には出せない保険なんです」

 

 

こんなことを言って勧めてきます。

私もこう言った話法を使って勧めていたな~…

本当に反省しています…

 

 

結論から先に言いますが

今の私は絶対にこう言った保険は売りません!!

 

 

「保険料が戻ってくるからいい保険じゃん!!」

多くの保険営業マンはこう言ってきます。

「シンプルだし話しやすい保険じゃん」

こう言った声も聞きます。

 

 

確かにシンプルだしわかりやすいですよ!

だって「お金が戻ってくる医療保険です」

だけで「それいい」ってなりますもん。

 

 

私たち営業マンからしたら、簡単に契約できるから

私たちにとっては「いい保険」なのかもしれませんね(笑)

 

 

そんな簡単でシンプルな保険なのに私がどうして売らないのか!

 

 

その理由は

まず、何と言っても保険料が高い!!

 

 

詳しくは書きませんが、

掛け捨てと、貯蓄タイプでは約2.5倍の

保険料の違いがあります。

 

 

この金額の差をお客さんに見せたとき

「ちょっと高いね~」と言われます。

 

 

そりゃそうですよね。2.5倍も違うのですから。

 

 

「ちょっと高いね~」なんて言われたら

営業マンはなんて言うか知っていますか?

 

 

「確かに保険料は高くなるかもしれませんが、

60歳の時を見てください。この保険を使わなかったら

今まで払った保険料が○○○万円戻ってくるんですよ。」

 

 

こんなことを言って言いくるめてきますよ(笑)

だって私がそう言って売ってたんですから!

 

 

いや!「こう言って言い返しなさい」と

保険会社の勉強会で教えてもらいました。

 

 

しかも、この保険60歳でお金をもらった後は

60歳以降に払った保険料は掛け捨てになるのだ!!

 

 

人生100年時代と言われるこの時代に

長生きをし高い医療保険を払っていくと、

もらった金額以上にお金を払っていくことになる

 

 

さ~ここでまたまたお得意の言いくるめる話法が

出てくるんですね~

 

 

「60歳でお金をもらったら医療保険を解約して

もらったお金を医療保険代わりに使いましょう。

○○○万円もあれば医療保険なんて必要ないんですから」

 

 

こんな言葉が出てきます。

これは私はよ~く使っていましてね。

 

 

確かにこの考え方は間違ってはいないと思うのですが

この保険を私が売らない理由に「見直し」ができない!

というのがあります。

 

 

この保険は60歳もしくは70歳にならないと

お金が戻ってきません。

 

 

だから今から入ったら最低60歳までは

この保険を辞めることはできません。

 

 

「医療保険なんてそうなんじゃないの?」

そんなこと思っていませんか?

 

 

「えっだって一生涯保障っていうじゃん」

 

 

なにをおっしゃいます!!

そんなわけないじゃないですか

次から次に新しい医療保険が出てくる世の中ですよ。

 

 

医療保険が保険会社にしたら

儲かる商品なんだから新しく出すに決まってますよ

 

 

それに、数年前(5年前ぐらい)の医療保険に

入ってて、「いざ問うときにお金がもらえない」

よ~くありますよ。

 

 

わかりやすい例で言うと

 

 

入院!

今は日帰り入院しても入院給付金はもらえます。

当たり前だと思っていませんか?

 

 

しかし、昔の医療保険だと「5日以上の入院」

もっと前だと20日以上入院しないと給付金を

もらえない医療保険なんてのもありました。

 

 

さらに手術!!

今は、健康保険などが使える手術なら

ほぼ確実に給付金がもらえます。

 

 

種類にすると約1000種類の手術に対応

していますが、昔だと88種類しか対象に

ならなかったんです。

 

 

つまり、国の医療制度や技術の進歩によって、

医療保険も大きく変わっていくのです。

 

 

私の経験上、医療保険が大きく変わるのは

5年から10年と言ところですね。

 

 

まぁ~こんな話をここでしても

仕方ないので話を戻します。

 

 

そう考えると医療保険は5年ぐらい経てば

見直しをする必要があると考えています。

 

 

そう考えるとこの保険にずっと入ってて

入院した!手術をした!と言ってこの保険で

お金がもらえるか?と言うと私は

 

 

「もらえない!!」と答えるでしょう

 

 

「でもお金戻ってくるし、使えなくてもいいじゃん」

はいはい!こんなことを言う営業マンもいます。

これは、売りたいがために出てくる言葉です!

 

 

だったら保険に入らず自分で貯蓄・運用すればいいじゃん

 

 

だって医療保険に入る目的は?

 

 

ちゃんと保障があってお金をもらうことですよね?

「お金が戻ってくる、お金が貯まる」というのが

魅力的だとおもうらな運用してください

 

 

さらに、私がこの保険を売らない理由!

 

 

先ほど医療保険に入る目的に「保障」と書きました。

みなさんもそういう考えで医療保険に入ってますよね。

「入院、手術などしたときにきちんとお金をもらう」

これが医療保険の目的です。

 

 

しかし、この保険、保障内容が薄い!!

 

 

基本的にプランが決まっているので

自由度が全くない!!

 

 

ここからが重要なことなので

しっかり読んでほしい。

 

 

保障が薄いから、もっと保障を厚くしたい

いろいろな特約(オプション)も付けたい

そういった要望に応えようと思ったら

 

 

この特約(オプション)は掛け捨てになるのだ。

特約(オプション)の保険料は戻ってこない!

 

 

以前、保険診断でこの商品は「全額戻ってくる」と

勘違いをされている女性がいた。

 

 

私は「この特約(オプション)の保険料は戻りませんよ」

と伝えると、ひどく怒り始めた。

 

 

そうなるとお客さんの口から出てくる言葉は

これしかないですよね!!

 

 

「騙された!!」

 

 

実際にはちゃんと説明は受けたが理解されなかったのか

もしくは保険営業マンが嘘をついたのか‥‥

 

 

多くの場合後者である

 

 

だって保険を勧めるときに

「使わなかった保険料が戻ってくる」

「掛け捨てじゃない医療保険」

こう言って勧誘しますからね。

 

 

しかも保険会社のパンフレットにも

「払い込んだ保険料の使わなかった部分を戻します」

と書いてありますからね。

 

 

と言うか、特約(オプション)の保険料は

戻ってこないと一応、一応書いてはあるんです。

 

しかし、それ以上に

「保険料が戻ってくる」を強調しすぎなんです。

そこにしか目がいかないように作られています。

 

 

そりゃ勘違いもしますよ。

 

 

しかも、保険会社にそのことを言っても

「ここにちゃんと書いてありますよね。

しっかり読みました?」

 

 

と言われるのがオチである

 

 

その女性はすぐに解約をしましたが

多少のお金は戻ってきたものの

当然、全額は戻ってこず「損」をした。

 

 

こう言った理由から私は

この保険は絶対に売らない。

 

 

保険はあくまで保険!

 

 

保障ありきの保険だと思っている。

それなら掛け捨てで安く実用的な

医療保険に入った方がいい

 

 

無駄な保険料を払うぐらいなら

安くしてそのお金で健康のために

お金を使う方がマシである

 

 

また、こう言った話は詳しく書くが

保険に頼りすぎるのも良くない!!

 

 

医療保険に入る前に考えるべきことは

たくさんある。

 

 

考えたうえでそれでもお金に余裕があるなら

掛け捨ての保険に入ることをおススメする。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です